投稿者: oyama

【島暮らし×保育】『島での働き方・暮らし方』 オンライン説明会  開催

【島暮らし×保育】『島での働き方・暮らし方』 オンライン説明会 開催

\離島の森のようちえんで働いてみませんか?/ 島根県本土からフェリーで3時間。 ユネスコ世 

泥んこ遊び

泥んこ遊び

今年も2日間、保護者の方のご厚意で田んぼへ遊びに行ってきました! 例年、泥の感触や泥まみれ 

お山の子と野鳥

お山の子と野鳥

晴れの日も!雨の日も!風の日も!
いつでも野外で過ごしているお山の子どもたち。

どんな場面でも野外で過ごしているからこそ
自然界の生き物たちと達との出会いもとても多いです。

中でも身近な存在が野鳥。

様々な種類の鳥の鳴き声や
飛んでいる姿を目撃することはもちろんのこと、
子どもたちの食べ残しを狙ってやってくるカラスに
どう対応するか、日々頭を使っている子どもの姿もあります。

また、子どもたちから“そんちょう”と呼ばれている
お山を運営しているNPO法人隠岐しぜんむらの代表(園長)は
環境省の許可を受けた野鳥の捕獲調査の資格を持っています。

その為、鳥類標識調査の時期には
間近でその様子を観察させてもらうこともあります。

『許可をもらった人しか、野鳥には触れられないよ』という、
そんちょうの言葉をしっかり守りながら
興味津々な様子で野鳥を観察したり
「何を食べるの?」と質問したり
野鳥への興味を深めるよい機会となっています。

お山のはじまりの会でうたう歌の中で
「♬おはよう 山の小鳥さん。
おはよう 山のお友だち。
今日は何をして遊ぼうかな。1日が始まるよ。」
という歌詞があります。

その日も元気に子どもたちが歌い始めると、どこからか鳥の声。
「山の小鳥さん!って歌ったからじゃない?」
「呼ばれたと思って返事をしたのかも!!」と大盛り上がり。

日々の生活の中で、歌っている時、鳥の絵本を読んだときなど
鳥の声が聞こえてくると「一緒にしたいのかもね」
と、嬉しそうに仲間に入れてあげる子どもたちです。

お山のフィールドで一緒に過ごしているからこそ
仲間であり、ご飯をねらう敵であり、癒しである、野鳥。

そんな野鳥と過ごす毎日を
これからも楽しんでもらえたら嬉しいです♪

ゆま

 

お昼のお弁当や給食も外で食べています♪
その日の天気や気温に合わせて
気持ち良く食べられる場所を決めているのですが
食べ物の匂いを嗅ぎつけてやってくるのがカラス。
そんなカラスに声色を変えながら声を掛け、
なんとか立ち去ってもらおうとする子どもたちと
強気な態度で居座りチャンスを狙うカラス。
そんな攻防戦も日々見られます(笑)

鳥類標識調査を見学。
鳴き声を聞くことができる図鑑を見せてもらい
静かに耳をすませて鳴き声を聴く子ども達。
「あ、この声聞いたことある!!」

散策に出かけていたら、
鳥類標識調査用に仕掛けていた網に
鳥がかかっているのを発見。
そんちょうがさささっと網から外す姿を
興味津々な様子で見ていた子どもたちです。

網にかかっていたのは『カワラヒワ』、羽がとても綺麗な色です。
こんな間近で見ることは滅多にないので、
子どもたちも目をきらきらさせながらよく見ていました。

夕方お迎えを待つ時等に使うプレハブ小屋の『基地』。
その基地の中に鳥が入ってる!!?
脅かさないようにそーっと近づいて観察。

野鳥のことについて話を聞いたら、
普段の散策でも鳥が気になるようになった子ども達。
「この声はうぐいすかな~」「緑色の鳥がいたよ」などなど
知ってることが増えるといつもの道にも楽しい変化があるね。

虫などの生き物と触れあうことも多いお山。
年長Rくんが虫捕り名人だということを
本人も、周りの友だちもよ~く知っているので、
捕まえ方やコツを聞いている姿が良くあります。

Rくんがクマバチ(オス)を捕まえると、
網や虫カゴの上に沢山の頭が集ります。
誰にとっても嬉しく楽しい瞬間ですね♪

令和6年度  お山で遊ぼう

令和6年度 お山で遊ぼう

親子のお散歩会から始まったお山の教室は、小さいお子さんにもお山で遊ぶ機会があればと、未就園 

『食べられるの?』

『食べられるの?』

散歩をしていると、わらび・三つ葉・スイバ・グミ・つわぶき…などなど、口に出来る春の野草や木 

みんなで集まろう会

みんなで集まろう会

お山の初の試みです。卒園生と在園生、お山に関わったみんなで集まろう会をやってみようと思います。よろしかったらご参加ください。

下記日程で予定しています。

日時:5月18日(土)10:00~12:00
場所:お山基地周辺・木漏れ日広場

今後気軽に開催できるように、特になにかを用意をしたりはしません。

焚火はできるようにします。お湯も用意したいです。飲みたいものや食べたいものは各自で。

ゆったりまったり、保護者は話に花を咲かせてもらって、子どもたちは遊ぶという感じです。

小さくなった服を持ち寄っていただいてもOKです。

スタッフもスタッフでいますが、お山のときのように全員に目が行き届かすというよりは交流していただけたらと思います。

2024年度がスタートしました!

2024年度がスタートしました!

4月に入り、すっかり春の陽気です🌸 今年度は新しい仲間が3名仲間入りしました! 帰省や体調 

巣立ちの式 2023.3.27

巣立ちの式 2023.3.27

お山の教室では、子どもたちが次のステップに元気に巣立ってほしい…という願いを込めて、「巣立 

午後の時間☀️

午後の時間☀️

お山の教室では、自然の中で過ごすことを大切にしています。

そのため、子どもたちはお昼寝の時間以外はほとんど野外で活動しています。

午前中、金曜日は地区へのおでかけに、月曜日~木曜日までは、金光寺山頂から金光寺山下の伴さんの栗山までの広いフィールドを子どもたちは日々選びながら、遊び込んでいます。

そんな活動的な午前中からの午後の過ごし方は…。↓↓↓

Continue reading 午後の時間☀️

草木染め遊び🌈

草木染め遊び🌈

子ども達が遊び道具として親しんでいる 花や葉っぱ、木の実などの自然物。 その自然物を使った