「お山の教室」について

島根県の沖合、日本海にある離島・海士町の『お山の教室』は平成26年から始まった“森のようちえん”です。幼児が自然の中で様々な経験を重ね「生きる根っこを育むこと」を目的としています。平成28年より、「島の子育て魅力化プロジェクト」の一つとして、海士町教育委員会からの支援を受け、NPO隠岐しぜんむらが運営しています。

離島の大自然の中で、子どもがその子らしくのびのび遊びこむことによって、将来、自分の花を咲かせられるよう、これから生きていく根っことなる力を育てていけるように取り組んでいます。

 

「お山の教室」はじまりについて

『お山の教室』は、満3歳以上から小学校入学前の幼児を対象としています。この教室は、島のお母さんとNPO隠岐しぜんむら、二つの想いが合わさって出来ました。NPO隠岐しぜんむらは、平成20年より小学生対象の自然体験イベントを開催。対象を徐々に幼児にまで広げていきました。一方、お母さんたちは「子どもを自然の中で遊ばせたい」という想いから、平成24年に「親子おさんぽ会」を発足。自然の中を親子でお散歩し、NPO隠岐しぜんむらのスタッフがそれをサポートするようになりました。そして平成26年春、保護者様や地域からの要望が高まる中、NPO隠岐しぜんむらが運営主体となり『お山の教室』が開校しました。その後平成28年度より、海士町教育委員会の全面的支援を受けながら現在の活動に至ります。

初めは小さな取り組みだったものが少しずつ大きくなり、徐々に関心が広がっています。『お山の教室』は、これからも保護者様や地域の方の声に耳を傾けながら、少しずつ進化していきます。

 

島を遊びこむ、とは?

幼児期の子どもにとって「遊び」は「学び」であり、成長していく上で根っことなるとても大切な経験です。しかし、現代では子どもだけで自由に野山で遊ぶ機会が少なくなってきているように思います。また、五感に働きかけ心身ともに成長を促す、自然の中での遊びもどんどん無くなっています。

私たちは、山、海、里、田んぼなど多様な自然がそろったこの島で、子どもたちが島じゅうを駆け回り、思う存分遊べる環境を創りたいと思っています。大人が止めたり誘導したりすることを極力減らし、子どもが納得するまで「遊びこむ」ことで、島を愛する気持ちや生きる根っことなる力を育んでいけると考えています。

 

島根県海士町(あまちょう)について

島根県隠岐郡海士町は、島根県本土からフェリーで約3時間(約60キロ)、日本海に浮かぶ隠岐諸島の一つ中ノ島にあります。

海士町の人口は約2,300人です。過疎地域の課題を抱えた日本の縮図とも言えます。一時の財政破綻寸前の状態から、行政や民間の様々な取り組みによって回復し、今では人口の約2割が移住者ということで、近年「地方創生のモデル地域」として注目されています。

 

NPO隠岐しぜんむらについて

「お山の教室」はNPO法人隠岐しぜんむらが運営しています。隠岐しぜんむらは、地域の自然・歴史・文化を生かしたエコツーリズム・環境教育を通して、自然が未来に残され人と自然とが共生する社会を目指した教育事業・地域振興・調査活動をおこなっています。これまでにも自然の中での自由な活動をテーマにした小学生対象「しまのこ自然楽校」や、親子イベントとしての「森のようちえん」などを実施してきました。2014年からスタートしたお山の教室事業は、その延長線上にあるものです。(NPO隠岐しぜんむらのサイトはこちらから