作者別: oyama

【メディア】ジョブメドレーで紹介されました

【メディア】ジョブメドレーで紹介されました

医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディア「な […]

【イベント】お山のプレーパーク全3回

【イベント】お山のプレーパーク全3回

お山の教室では、「島の多くの子どもたちに自然体験を」というミッションのもと、12月〜2月ま […]

【イベントレポート】お山のプレーパーク

【イベントレポート】お山のプレーパーク

先日、第一回お山のプレーパークが開催されました。

プレーパークをお山の教室で開催した経緯を言いますと、お山の教室は3つミッションをもって取り組んでいます。

1. 多くの子どもたちに自然体験の機会を増やす。
2. 幼児期の「遊び」は「学び」、自然を使って主体的な遊び・島を遊び込める子を育てる。
3. ふるさと教育として、地域に入り込み、地域や季節毎の旬を感じ、人々と交流する体験を提供する。

その中の、「多くの子どもたちに自然体験の機会を増やす」というところでは、土日のイベントの開催の必要を感じていました。

お山の教室が、週3回になって親子イベントや土曜クラスなどいろいろやってきましたが、お山の教室の子たちも小学生になった子も多くなり、多くの子どもたちに自然体験をしてもらうには、未就学児だけではなく、小学生ぐらいまで対象になることができないかと考えていました。

プレーパークという遊び場は参加者に年齢制限はなく乳児から大人まで誰でも参加ができます。

少子高齢化の現代社会において地域に子どもが集う場自体が減少し遊ぶ場がなくなってきています。

海士町においても自宅の近くに同年代の子どもが住んでいない、子ども集団をつくることができない状況があります。

それらを受けて地域の中で子どもが自由で主体的に遊ぶ、遊ぶ仲間が集う場づくりとして海士町でもプレーパークが機能するのではないかと考えています。

※子どもの遊び場プレーパークについての詳細は↓
日本冒険遊び場づくり協会HP


プレイパークのモットーは「自分の責任で自由に遊ぶ」です。

”自分の責任”でということを掲げているのは、運営側が責任をとらないということではありません。

公園にいくと大型遊具に年齢制限があったり、ボール遊び禁止!!火気厳禁という看板があったりと遊びに制限されることが多くあります。そのことによって子どもがのびのび遊ぶ機会を奪ってしまうことなります。

リスクがある遊びは挑戦しようとする気持ちを育みます。自分の責任で遊ぶからこそ少し危ないと大人が思うことにもチャレンジし、小さな怪我を積み重ねることによって経験を積み、大きな怪我を防ぐことにもつながります。

 

写真:火のまわりはいつも子ども・大人が集い賑わいます。焼き芋・焼きマシュマロ・焼き餅・・・食べ物で人々が繋がりあう、居心地のいい場になりますね。

第一回お山のプレーパークの参加者は65名(大人19名)で、乳幼児~小学生の子ども・大人で大変賑わいました。

初開催イベントとして、焼き芋を企画しました。作るのは参加者自身です。初めてマッチを手にした小学生はドキドキ不安そうな表情をしていましたが、勇気をもって挑戦していました。怖くてすぐに手を離してしまった子もいます。隣の子はマッチを普段使うのか、手慣れた様子。

マッチを付けて新聞紙を燃やしますがすぐに消えてしまい、火がもちません。どうしたらいいのか考えた末、たくさん新聞紙を入れる、小枝も入れることにしました。

無事火が付くと焼き芋を焼き始めました。こういった子どもたちのやってみること、失敗すること、どうしたらうまくいくのか考えることを大人は見守ります。

 

写真:焼き芋や焼きマシュマロ、焼餅で楽しむみんなのためにひたすら薪づくりをしている男の子。

 

写真:カサカサ・チクチク・パリパリ・・・葉っぱの感触を味わっていました。

 

写真:親子で作品作り。汚れを気にせずのびのび遊べることもプレーパークの醍醐味です。

 

写真:参加した子ども・大人自身がおもしろそう!やってみたい!想いでそれぞれに工夫して遊ぶ場がプレーパークです

 

次回以降のプレーパークは

①12/21(土) 10:00~12:00

②1/18(土)  10:00~12:00

③2/15(土) 10:00~12:00

汚れていい服装・食べたい食材・ティータイムグッズなど各自お持ちの上ご参加ください。

 

お山のプレーパーク
[日 時] 2019.10.9(日)10:00-12:00
[参加者] 65名(大人19名)
[場 所] あまマーレ園庭上の森広場

(あい)

 

 

御波地区運動会

御波地区運動会

事務局のふじもんです。 お山の教室では運動会や発表会をやっていません。 「なぜやらないのか […]

【イベント 11/9 10:00〜】お山のプレーパーク

【イベント 11/9 10:00〜】お山のプレーパーク

お山の教室では、「島の多くの子どもたちに自然体験を」というミッションのもと、11月〜2月ま […]

保育士さんの研修受け入れ

保育士さんの研修受け入れ

お山の教室では、10月2日~4日の3日間保育士さんの研修の受け入れをしました。

今まで、島の高校生のインターンの受入れや中学生の職場体験の受入れはしてきましたが、保育士さんの研修の受け入れはお山始まって以来の出来事です。

東京の目黒区と港区に多くの保育園や児童館を運営している株式会社アソシエ・インターナショナルさんよりお問合せがあり、「全然違った環境でしている保育を、ぜひうちの保育士に体験してもらいたいんです!」ということでした。

更に、お山の教室の本体のNPO法人隠岐しぜんむらのネイチャーチームとの初の受入れコラボ。午前中はお山の教室の活動を見てもらって、午後はネイチャーチームに海士町や西ノ島町のガイドをしてもらいました。

お山としても初めてのことでしたし、子どもの人数を考えて1回につき2人まで受入れ可能ということにしました。「都会の保育士さんが島にわざわざ来るのだろうか?」という不安をよそに、アソシエ・インターナショナルさんより「多数の応募がありました!」とのことでした。

研修の様子

午前

初日水曜日は、子どもの気持ちに合わせクッキングチームと遊ぶチームに別れています。研修生の2名もバラバラになり、まずは子どもの様子や保育士の様子を見てもらいました。

二日目木曜日は、<年少さんと未満児さん><年長さんと年中さん>の2つに分かれて別々の活動をするため、興味があるほうについてもらい、いっしょに遊んでもらったり声かけをしてもらったりしていました。

現在お山ではフィールド作りにまい進しており、草刈りなどをしています。草刈りも子どもたちの前でやり、その大人を見て子どもたちもやりたくなったらやってみる、ということを導入しています。研修生はその草刈りをひたすらやっていただき、「楽しかったよ~!」と笑いながら話してくれました。

3日目は全員でいるか広場(海が見渡せるフィールド、いるかの乗り物がある)で遊ぶため、使う道具をリアカーで運び、お昼は子どもたちと都合のつく保護者さんが集まり『みんなでお弁当』を食べる日でした。研修生もいっしょに食べ、保護者さんの様子を見ていただきました。

 

午後

午後の初日は、地域創生で先行している海士町の説明や、教育に力を入れている様子をみていただきたくて、図書館や学習センターへ行きました。

図書館ではちょうど島の子育て中のお母さんとお話ができ、島の子育ての状況を伺い、島の公営塾である学習センターでは、夢ゼミの様子などが伺えました。

2日目は、台風接近のため急遽予定を変更し、西ノ島へ。摩天崖(まてんがい)・通天橋(つうてんきょう)・焼火山(たくひさん)など巡り、ガスでなにも見えない恐れもありましたが、なんとか海は見えました。しかし、風が半端なく強かったようです。

3日は、海士町の名所巡りを。隠岐神社・明屋海岸・塩風ファームなど。

午後のツアーは保育とは関係ないことなのですが、島にわざわざ来てみようと思ってくれる保育士さん、高校生の塾の学習センターの話をきいても、石の話を聞いても、虫の話を聞いても、なんでも「おもしろい!」と興味を持っている様子が印象的でした。

 

研修受入れの感想

今回は、各自に研修日誌を書いていただき、それを元に質問などはお山の保育士が振り返りの時間に答えるという対応をしました。

日誌の記入項目には下記となり、たくさん書いてくれて中から印象的な記入を一つピックアップ。

①保育士の動きで印象に残った場面
・時間がない中でも自分で着替えをしたい子どもの気持ちを尊重したところ。

②印象に残った子どもの遊び
・木材を並べて家を作ったり、組み立てて立体の家をつくっていて、木材を使っているところが、本当に建築をしているようで面白かった。

③印象に残った子どもの言葉
・家を見て「何を作っているの?」と聞くと「家!基地!蛇口も付けんと水がでないな!」

④今している保育と同じと感じたところ
・場面が変わる時に歌や絵本で落ち着く・切り替えの時間をつくっていたところ。

⑤今している保育と違うと感じたところ
・新しい遊びを始めるとき、大人で約束事を決めずにまずは子どもたちが行うところを見守るところ。

⑥自分の保育に取り入れたいこと
・I メッセージ

※お山で「保育士のかかわり方」として気をつけついることがいくつかあります。正規職員はもちろんインターンや研修、あるばさの方にも説明をしています。

—以下、保育士のかかわり方 抜粋—
3.「支配」から「共感」のコミュニケーションへ
「子どもを変えよう」「分からせよう」とする関わり方から、「子どもを認めよう」「分かろう」とする関わり方を心がける。(これはスタッフ同士の関係も同様)

3-2. Youメッセージでなく、Iメッセージで伝える

[Youメッセージ]
「(~ちゃん、)ガラスのそばで遊んだら危ないよ」
「(~ちゃん、)足にしがみついたらいけないよ」

[Iメッセージ]
「(私は、)~ちゃんがガラスを割りそうで見ていてこわい」
「(私は、)足にしがみつかれると動けないから困るよ」

スタッフは「自分」を主語にしながら、自分がどう思っているか、どう感じているか気持ちを伝える。スタッフが子どもの「気持ち」を裁けないように、スタッフの気持ちも同様に子どもから裁けないと考えているため。
————

「これはこうするものなのよ」というYouメッセージは、子どものことを大人目線で評価してしまうことが多く、なぜダメなのか、なぜいけないのかを伝えそびれてしまう可能性を多く含んでいます。Iメッセージだと評価にならず、大人の気持ちからやめて欲しい理由を具体的に伝えることが出来ます。

 

⑦保育を見て疑問に感じたところ
・クギやノコギリ

⑧保育を見て聞きたいこと
・間違えば危険となる道具の下ろし方

⑦・⑧の保育士の回答
最低限のルール、クギは一つずつ使うなどはある。

一番最初に使うときは一緒に使ったり、危なくないか横でみている。

こどもを見て、年小や未満児さんは横につくが、年長は遠くから見守ってもO.K.だと考えている。

日誌を書いてもらったことにより、お山としては当たり前にやっていることが、印象的なことになったり、取り入れたいと言ってもらえることは、お山としてもとても励みになりました。

また、当たり前にやっていることが、他から見たら疑問点となったり、改めて考えるきっかけになったり、改善しようという意識になったり、本当にお互いが学びとなる機会を得ることができとてもよかったと思います。

今回の行程表

10月1日(火)
12:50 菱浦港着 昼食 送迎
14:00 オリエンテーション①全体説明
15:00 オリエンテーション②保育士のかかわり方
16:00 隠岐しぜんむら チェックイン 自由行動

10月2日(水)
9:00 お山の教室 研修スタート
13:30 終了 休憩
14:30 海士町について 教育のことなど
15:00 町内案内(図書館・学習センター)
17:30 終了

10月3日(木)
9:00 お山の教室 研修スタート
13:30 西ノ島ツアー
18:00 お山の教室と振り返り
19:00 終了

10月4日(金)
9:00 お山の教室 研修スタート
14:00 海士町ジオパークツアー
17:00 終了
18:30 スタッフとBBQ

10月5日(土)
8:50 隠岐しぜんむら 出発
9:00 町内保育園運動会見学
9:50 菱浦港 出発

隠岐しぜんむらの宿泊とツアーについてはこちらから

 

 

保育無償化について

保育無償化について

お山の教室は、認可外保育園として認定を受けておりますので、10月1日から始まる保育無償化で […]

スタッフ情報を更新しました

スタッフ情報を更新しました

8月より新しいスタッフ・若柳 愛が入りました! 2月の求人中にたまたまFacebookの記 […]

いじわるって大人の目線

いじわるって大人の目線

田んぼ道へとお散歩に出かけた時のこと。

Aちゃんがてんとうむしを見つけました。「みて~!てんとうむしみつけた!」

それを聞いたBちゃんが「えっ、みせてみせて!」

けれどAちゃんは「だめ!みせたらん!」

Bちゃん「なんで?!Bちゃんもみたいのに」

そうやって言い合いしているうちに、Aちゃんが持っていた棒でBちゃんの胸を押してしまいました。怪我はなかったのですが、Bは涙を流しながら私のところに来て「Aちゃんが棒でぐってここ(胸をさして)さした。痛かった…」

私「そっか、痛かったなぁ。何があったの?」

B「てんとうむし見たかったのに見せてくれへんかった」

私「そっかぁ…テントウムシ見たかったんや。なんでAちゃんは棒でしたんやろなぁ?」

B「わからん」

私「Bちゃんはどうしたかったん?」

B「てんとうむし私も触りたかった」

私「そっか、その気持ちAちゃんに伝えてみる?」

B「うん」

ということでAちゃんのもとに。BちゃんはAちゃんの横で「Aちゃん、いたかったよ」と伝えるのですが(てんとうむしの事より痛さを先に伝えていたBちゃん)Aちゃんは答えませんでした。

しばらく待っても答えなかったので、私がAちゃんを抱っこして「Aちゃんはどうしたかったの?」と聞いてみると、しばらく沈黙の後、「Cちゃんにだけ見せたかったの」とボソリ。

私「そっかぁ。Cちゃんにだけ見せたかったのかぁ。」

A「うん」

私「なのにBちゃんが見せてって来たから最初は口で「やめて」って伝えてたけど、伝わらなくて棒でさしちゃったってこと?」

と聞いてみると

A「そう」と。

「そうかぁ、AちゃんのCちゃんだけに見せたかった気持ちも、Bちゃんのてんとうむしを見たい、触りたいって気持ちも大事にしたいよね。そういう時ってどうしたらいいんだろうねぇ…難しいねぇ…」と話すと、Bちゃんが自分の服を指さして「みて!おはな」。それを見たAちゃんも「ほんとだ!」「あっ、ここにもある!」

さっきまでの気まずさはどこへやら、2人とも笑顔で会話が始まりました。

どっちが悪かったのか、こうすればよかった、と大人が判断して裁く事はしたくなくて、子どもに投げかけてみました。でもそこで“こうすればよかった”と答えが欲しかったわけでもないのです。

こういったかかわりの積み重ねの中で子ども自身が“どうしたらいいのか?”を自分で考えていけるようになって欲しいと願うのです。

ぱっと見たらAちゃんがいじわるに見えるかもしれません。テントウムシくらい見せてあげたらいいのに…と。

でも自分が「〇〇に見せたい!」という強い想いがあったのに途中で友だちに入られ自分の思い志半ばで邪魔をされた!という気持ちに、何のいじわるさも感じられません。

まるで自分がテレビゲームをしていてもうすぐクリア直前に友だちがやらせて!と入ってきてしまいゲームオーバーになってしまった時のようですね(笑)

持っていた枝で押してしまったことも、最初は口で伝えてたのに相手がやめてくれなくて止めようとしたのでしょう。それだけ怒りがこみあげたのだと思います。大人も子どもに話しをする時「ダメだよ」と最初は優しく言っていたのに、子どもが話を全然聞かなくて「いいかげんにしなさい」と怒鳴る時は怒りがこみ上げているときではないでしょうか。

これって気持ちの原理は一緒だなとつくづく思うのです。子どもの場合は手が出てしまうこともあるけれど、怒りがこみ上げて我慢できなくなるというのは大人も日々あることですよね。

大人の目線で“いじわる”と見えることも目線を変えれば全然違うものが見えてくる。

友だちの関わり方は子どもが自分で経験しながら学んでいくものだけど、相手には自分と違う気持ちを持っていることに気付くヒントを周りの大人がさりげなく伝えられたらいいなぁと思うのです。

 

どっちが良い・悪いという簡単な話ではなくて、人には“気持ち”があり、その気持ちをどう受け止め尊重するか。それには大人が子どもの話に耳を傾けじっくり聴き、受け止め、尊重すること。もちろん中にはどんな理由があってもやってはいけないこともあります。その時は話を聴くこと抜きに言わないといけないことがある。

でもそうでない時以外は、子どもの想いを丁寧にくみ取れ、受け止められる大人になりたいなぁとしみじみ思います。

(みちこ)

※写真のてんとうむしを見ている子たちと本文の子たちは違います。たまたまてんとうむしを見ている写真があったので!

【イベント】斎藤公子保育の「親子リズムあそび」講座

【イベント】斎藤公子保育の「親子リズムあそび」講座

7月にNPO法人えこどもの理事であり保育士の岩田美那子さんが年長さんの男の子とお山の教室に […]