タグ: 遊び

ただ自由に遊ぶだけじゃない!みんなで共有する時間「〇〇の会」

ただ自由に遊ぶだけじゃない!みんなで共有する時間「〇〇の会」

お山の教室は「ずっと外で、ただ自由に遊んでる」と思われがちですが、 一日の流れの中で子ども…

どんぐりインク作り♪

どんぐりインク作り♪

こんにちは!お山の教室スタッフのかなちゃんです♪ (おでかけ先の推恵神社にて、イヌマキの実…

「何をさせるか」よりも、「どう関わるか」が大切

「何をさせるか」よりも、「どう関わるか」が大切

大人は勝手なもので、

「あれをさせたら、子どもはこうなるだろう。こんな力がつくだろう。」とか、

「あの体験が足りてないから、こういうのさせたらいいんじゃない?」とか考えることがよくあると思います。

 

よく陥りがちな思考です。

私は常々「体験の垂れ流し」にならないように気をつけたいと思っています。

子どもの心がココにあらず、であればどんな体験も意味をなさないことになってしまいます。

 

そこで、私が本当に大事だと思っているのは、

子どもに「何をさせるか」よりも、

「どのようなプロセスの中で、それをするのか」

「周りの大人はどのような関わり方でするのか」

ということです。

 

活動前、活動中に「子どもの心がどう動いているか?」と考えることがとても重要です。

 

また「何をするか」ではなく、「何をさせるか」と考える時点で、

本当に子どもの主体性がのっているものになるでしょうか?

(中里地区の諏訪神社横。こんなところ登れるの?!

と思うような崖も、いざやってみると登れちゃいます。)

 

お山の教室では「見守ること」「待つこと」を大切にしています。

基本的に活動(遊び)を決めるのは子どもたちです。

その日に、その時におもいついた遊びを思う存分遊びこめるよう、

可能な限りで見守っています。

 

(モクモクとおままごとがしたい子もいれば・・・)

 

(よし!木のぼりするぞ!の子もいる)

 

見守るスタッフは、危機管理をしながらの見守りなので、緊張感と手腕がいります。

 

(ああ~~~~~!!なんでこんなことするのーー!?)

とか・・・

 

大人の長年の余計な?経験から、

(ああ~~~~!!こうしたらいいのにー!こうやったらすぐにできるのにー!)

とか・・・

 

感じることがあります。

 

それでもグッと待つ。

もうちょっと待ってみる。

 

その塩梅を心の中で葛藤しながら、子どもたちと接しています。

 

(子ども同士で励ましあったり、どうしたらいいか考えたり、

伝え合う場面もあります。)

 

自分の五感で世界を知り、自分をつくっていこうとしている子どもたちにとっては、

大人が親切でと思ってやっていることが、余計なお世話のときもあります。

 

子どもが自分で考え、決め、選び取ったものを、実際に自分でやってみて、成功したり、失敗したり・・・

というそのプロセスを経験することが、「自分」をつくっていく上ではとても重要です。

 

まだ産まれて何年かしかたってない命とはいえ、子どもの人生は子どものもの。

その後の人生。

自分で考え、決めて、自分で自分の幸せを掴んでいく。

 

お山ではそのための練習をしているようなものです。

 

(宇受賀地区。宇受賀命神社前で。

子どもたちだけでなにする?の作戦会議中~。)

 

「見守ること」「待つこと」

でも一人じゃない。

横にそっといて「共感すること」

 

言うのは簡単ですが、とても難しいです!!

 

でも私はそれをやっていけるお山でありたいなと思っています。

 

(さーや)

海士町!数十年ぶりの大雪!

海士町!数十年ぶりの大雪!

こんにちは。スタッフのかほです。 暖かい日が増えたかなと思いきや、また冬の寒さに戻ったよう…

夏から秋へ

夏から秋へ

こんにちは、お山の教室スタッフのかなです! 前回の投稿では二部にわたって、夏の遊びをふりか…

何層にも重なっていく遊びの時間

何層にも重なっていく遊びの時間

こんにちは。お山の教室スタッフのかほです。
桜が咲いて散るまでの時間がこんなにもあっと言う間だったかなあ…
今は八重桜が見頃の海士町。

そして、新緑がむくむくと顔を出し始めています。
「緑」といっても少しずつ違いがあって薄かったり、濃かったり…
お山の教室に通っている子どもたちも新年度も始まって、
子どもたちも学年が一つあがり保育園に入園してお山に来る回数が減ったりと
周りの環境も変わった子も多くそれぞれがきっと毎日大奮闘。。。
お母さん、お父さんも一緒だと思います。

それでも毎日の活動は変わらずに、また新しい季節を迎える。
同じようなことの繰り返しのように見える毎日でも子どもたちの遊びは
日々おもしろい。遊びの中に、学びがたくさんある。
2年目を過ごす子どもたちから感じるものがあります。


(何を作ってるのかな・・・?)

じっくり、本当にじっくりと自分の遊びに体も心も向かい合っている…
と思いきや周りを巻き込んで遊びの世界を広げる場面も。
見ているだけでこちらはにやにや。いいねいいね。と心の中でうなずく。


(なにつくってるの…??)

土曜クラスも始まり新しいメンバーとの出会いも!
保育園でも会っているので初対面という訳ではないけれど
じっくり遊ぶ中での新しい関係性はまたおもしろいのです。
どんな一年になるかなあ。楽しみ。

「!?」
(…こうしたらどうなるのかな)

どこからともなくポンッと出てきた思いや疑問、好奇心の芽も極力摘みたくない。
もちろん危険な部分はしっかりと声をかけるけどそうでない限りどんどんやってみてほしい。

(バッシャー―ン‼と勢いよくね)

大声を出すと気持ちがいい。
大笑いすると気持ちがいい。
思いっきり走って、汗かいて。じっくり集中するもよし。

大きくなること、成長することだけに目を向けすぎない。
たまには休憩。焦らずに。一歩進んでは、ちょっと立ち止まってみて
大切にしたいことを見失わないように。

「お山の教室」新年もよろしくお願いいたします!

「お山の教室」新年もよろしくお願いいたします!

こんにちは、年も明けましてもう1月も半ば・・・早いです。 お山の教室も1月10日からスター…