ブログ

海士町 島を遊びこむ!おでかけが始まりました♪

海士町 島を遊びこむ!おでかけが始まりました♪

こんにちは!お山の教室スタッフのかなちゃんです! 昨年度に引き続き、月に3回程度『おでかけ […]

新年度スタートしました!!

新年度スタートしました!!

こんにちは!お山の教室スタッフ かほです。 お山の教室の新年度も4月2日よりスタートしまし […]

海士町全14地区!まわることができました♪<後編>

海士町全14地区!まわることができました♪<後編>

こんにちは!お山の教室スタッフのかなちゃんです!前回の投稿では、お山の教室の取り組みのひとつである『おでかけ』5月~10月の様子をお伝えしました♪

今回はその後編として、11月~3月までの様子をお届けします!

 

~11月 東地区~

どこまでも広がっていそうな田園風景がすがすがしい、東(ひがし)地区。お山の教室の原点である金光寺山のある地域です♪

日課の散歩にでかける方に遭遇し、お山の子も一緒に東散歩♪道中たくさんの見どころを話してくださいました!

「おばあちゃん家まで行きたい!」と一生懸命に歩き、無事会うことができました♪お孫さんを見守る姿、感慨深いです。

こぞってでもおじゃまし、”おはじき”や”どんぐりごま作り”を教えていただいたり、女の子に数珠玉のブレスレットをプレゼントしてくださったり、一緒に栗ご飯をにぎったりもしました♪

普段から遊んでいる地域の方々に、お会いできたのが嬉しかったです。

~12月 豊田地区~

海士町観光名所のひとつである”明屋(あきや)海岸”がある、豊田(とよだ)地区。

いつも金光寺山から見ている海で、冬の海遊びを堪能しました♪手にもっているのは、因幡の白兎で有名な”がまの穂”。いくつもの見立て遊びがはじまりました。

イチョウが見事な奈伎良比賣神社のあきまつりにも、区長さんのはからいでおじゃまさせてもらいました!なかなか経験することのできない神事。とっても貴重な体験ができました!

そこで出会った豊田在住の親子も混ざり、豊田探検♪

お別れの前には、漁船の見学もさせてもらい、男の子は船長室に大興奮♪ひとりの女の子は、『どうやって魚が釣れるのか』をお母さんにとってもわかりやすく教えてもらっていました!

豊田地区のこぞってでは、みんなで力を合わせてボールを飛ばしたバルーン遊びが盛り上がりました♪

~1月 北分地区~

「北分の良さは、チームワークです。」と答える頼もしい区長さんのいる北分(きたぶ)地区。

その区長さんおすすめの、教海寺(きょうかいじ)がある角山(つのやま)に登りました♪

北分探検中には隠岐しぜんむらの我らが村長の、鳥講座もはじまり・・・

畳屋さんの見学もさせてもらいました♪

北分地区のこぞっては、区長さんの言っていた通りのチームワークとパワー溢れる会に♪室町時代発祥の”宝引(ほうびき)”というお正月遊びが盛り上がりました!

バリバリ働く世代の男性も参加されていました♪年齢層の幅広い、交流の会となりました!

~2月 西地区~

毎年、荒神祭に向けて地区の方々が作られる、魔除けのへびさんがいる西(にし)地区。

日の津港があり冬の晴天きもちよく、海辺で一日遊びこみました♪

それとは対照的に1日は、風がびゅうびゅう吹くさむいさむい日でしたが、区長さんが公民館を暖かくしてわたしたちを待っていてくださいました♪

~3月 菱浦地区~

海士町で一番高い山、”家督山(あとどさん)”がある菱浦(ひしうら)地区。

「まずは家督山から、海士町を360度見晴らすのがいいでしょう。」と教えてくださった地域の方♪

往復4キロの長い道のりでしたが、見事!全員が登頂に成功しました!!

神社や、商店・スナックが立ち並ぶ旧道を散策した日には、こどもたちも馴染み深いキンニャモニャセンターまで歩き、お世話になっている方々にご挨拶をすることもできました♪

お弁当は区長さんがこどもたちのために用意してくださった机で、まるで宴会のように楽しく食べることができました♪

ご厚意で貴重な菱浦地区のおみこしを見せてくださり、先払いを教えてもらったこどももおりました♪初めての子は特に、伝統芸能”神楽”の、印象的で素敵な出会い方ができたのではないかと思っております。

こぞってでは、”ひしうららチーム”と”ひしうらえびすチーム”に分かれ、『サザエ獲り』対決!最後までいい勝負、盛り上がりました!

以上、今年度のおでかけまとめでした♪こうしてふりかえると、月に3度のおでかけですが本当にたくさんの方々に出会い、大人もこどもも多くの発見・学びができました。

おでかけをするにあたり、各地区の区長さんや公民館長さんにごあいさつに行かさていただいています。子ども時代にはまった遊び・埋め立て前の風景・地区のおすすめポイントなどを話してくださり、Iターンばかりのスタッフにとって、とても貴重な体験になっています。

そしてそのお話を元にこどもたちと遊びこむことで、場を通して地域や文化を、まずは感覚で培うことができているのではないかと思っています。

”自分のことは自分でする”というお山の教室の時間の中でも、おでかけ先で出会った地域の方に甘えてみる。

こぞってでは、昔遊びを教えてもらう大切な伝承の場。

以前出会った方がこどもたちを見かけ、声をかけてくださることも多くありました。

スタッフとは別の、大人との関係作りを学ぶ機会でもあったことがわかります。

町の歴史を知ること。そのために必要な「これなあに?」という原初の気持ち。

溢れる道具ひとつにとっても、実際に使われているところを発見することで、広がる探求心。

おでかけ先で出会う仕事は、生きることに欠かせない一次産業がほとんど。それは幼少期に出会うべきことがらなのではないでしょうか。

私たちが育つ海士町には、どんな仕事があるのか?だれのおかげで成り立っているのか?共存する私たちが気をつけるルールはなんなのか?

こんな難しいテーマでも、理解のきっかけは日常にあり、遊びに中にかくれているということを、”おでかけ”というかたちで地域の方々、そしてこどもたちから私が教わったことです。

『隠されていたものは、青い海と人情の深さでした。』海士町をPRするポスターの中にこんな言葉がありました。

隠岐の島を表すのに欠かせない自然環境はもちろんですが、海士町はやっぱり”人”が自慢。人の営みなしには成立しない海士町で、森のようちえんという活動をするからこそ、この”おでかけ”はお山の教室にとって必要不可欠なものだと実感します。

来年度で海士町歴2年目のまだまだ未熟なわたし!これからも海士町をつくってこられた地域の方々、そして目の前のお山のこどもたちと一緒に、ぐんぐん育っていきたいと思います!

海士町全14地区!まわることができました♪<前編>

海士町全14地区!まわることができました♪<前編>

こんにちは!お山の教室スタッフのかなちゃんです!梅が咲き、桜が咲き、ぐんぐん伸びるつくしに […]

海士町!数十年ぶりの大雪!

海士町!数十年ぶりの大雪!

こんにちは。スタッフのかほです。 暖かい日が増えたかなと思いきや、また冬の寒さに戻ったよう […]

夏から秋へ

夏から秋へ

こんにちは、お山の教室スタッフのかなちゃんです!

前回の投稿では二部にわたって、夏の遊びをふりかえりました♪

今回は、その海遊びを経た山遊び、夏から秋にかけてのこどもたちの様子をお伝えしたいと思います!

 

 

暦では海遊び最後の日となる、8月31日。その日の遊び場は、多井海水浴場。

耳では蝉の声をきき、目では落ちた栗をみて、肌では汗をかいていないことに気が付きました。

 

 

いつもなら家から水着を着てくるはずなのに、今日は洋服を着ている。

「泳ぎたい!」気持ちなのに、からだは洋服を心地よく受け入れている。なんでだろう?

朝いちばんにする”はじまりの会”で、たくさんの「なんで」を話し合いました。

 

 

海にドッボーンと入るのが大好きな女の子!洋服の上からライフジャケットを着て、持ってきたマリンシューズには履き替えない。これが”今日の”準備万端。

「ねぇねぇ、はやく海に入ろうよ~~」と口では言うものの、

昨日は走って海まで一直線だったのに今日は、私の手をぎゅっと握ってじっと海の様子を眺めていました。

その日は海には入らず、岸壁の探検や漂流物で遊びました。

 

みんなで集まる会の中で、ひとりずつ夏の思い出をふりかえることに。

すると見えてきた、楽しかったこと・怖かったこと・挑戦できたことなど、たくさんの思い出。

 

もうすっかり懐かしい感じがする”磯遊び”。

最初の頃は、砂浜やころころ石の浜ですってんころりんあちこちで転げていましたが、ひと夏超えると棒を片手に険しい岸壁も上手く歩くことができるようになっておりました!

 

そういえば、水中で陸ではできないような複雑な動きをこなし、

水の抵抗がある中ででも水中めがねを覗きながら、タモや枝をうまく使っていましたね~

遊びの中で鍛えられた筋肉や感覚は、確かに積み上げられていました。

 

磯遊びに”戻った”んじゃなく、海遊びを経て”新しくみつけた”磯遊び。

 

”忍者くまで”でゴロンゴロン・・・発掘。そしてその音はガッシュガッシュに変わりました。

今日はみんなでお気に入りの石を探すことに。

 

「あ!これおしり石だよ!」どうしてこんな形になったのかな・・・?

 

目の前にあったのに、今まで気にとめなかった石のこと。ひと夏こえて、やっと出会いました。

自分たちが波に揺られ、からだが運ばれたように、浜の石たちもそうしてここに在ることを発見。

同じ海を泳いだからこそ気づくことができました。

 

バケツめいっぱいにお気に入りの石を拾ったら、今度は自慢の石を展示してみよう♪

納得いくまで何度も何度も・・・やり直して、「できた!」この張りのある一言。そしてこの表情。

ぷかーとのんびり浮いているときでさえ、気は抜けないのが海遊び。

おかげで『やり抜く力』『集中力』がぐんと伸びました。

 

生活面で大きく成長したことと言えば、”身支度”でしょう。

いつものお山のリュックに加えて、マリンシューズや水着が入ったプールバッグ・・・

いつもの倍ちかくある荷物に、最初はこんな風にお手上げ状態でした。。

 

しかし、使った物は自分で洗い・・・

干す!

複雑なライフジャケットも、{洗って→広げて→干す}ことを繰り返すうちに・・・

薄い水着ではなく、厚い洋服の上から自分で着ることもできるようになりました!

 

島だからこそ、天候に柔軟に海岸を選んで遊ぶことができ、毎日のように海遊びを重ねることができました♪

こういった環境には、本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

夏から秋、そして冬へと待ってくれない季節が移り行く中、自分の心と身体の変化の”ずれ”を体験していくお山のこどもたち。11月には、ひとりのお山の仲間との別れもありました。

 

いってらっしゃいパーティをしても、お舟のお見送りをしても、湧かない”別れ”という実感。いつもの明るい笑顔で、明日もひょっこりお山に来てくれるんじゃないかと思うほど。

またいつものお山の遊びに戻っても、ふと「〇ちゃんに教えてもらったんだけどね・・・」と別れた仲間を思い出し、丸太登りを友だちに伝授する女の子。

ひとりずつ決まった荷物置き場が、ずっと空くようになったことに気付いた男の子。そこには別れた仲間が好きな動物の絵が貼ってありました。

「どうする?はず・・・す?」とスタッフがこどもたちに聞くと、「う~ん、、、このままでいいんじゃない?」というやりとりがあったそうな。

そうかあ、暦には季節や時間の区切り・変わり目がはっきりあるけれど、心やからだのそういった境界は曖昧。時間の区切りも、心の曖昧さも、こどもたちと同じように感じ、相談しながら決めていけばいいんだなぁ。大人がすべてを用意・提供することはできないし、しなくていいんだなと気づかされました。

お山の大切な仲間は、本当に大切な”別れ”をわたしたちにプレゼントしてくれたと思っています。

 

日常の自然と非日常な別れ。どちらにもある心とからだの”ずれ”を、大切に汲み取りながら過ごすことのできる海士町を、お山の教室を、本当に素晴らしく思います。

12/10親子イベント中止について

12/10親子イベント中止について

12/10(日)に予定しておりました 親子イベントは、本日最終の天気予報で雨天予報が発表さ […]

『夏』の遊びをふりかえる ~海遊び編~

『夏』の遊びをふりかえる ~海遊び編~

こんにちは、お山の教室スタッフのかなちゃんです! 前回の投稿では、海にドボーンと入らない” […]

『夏』の遊びをふりかえる ~磯遊び編~

『夏』の遊びをふりかえる ~磯遊び編~

みなさま、お久ぶりです!お山の教室スタッフのかなちゃんです!

海士町では、『今年は柿年だ!』と言われるほどに、甘柿・渋柿が豊作のようす♪

そのほかにも、栗!椎の実!芋!などなど・・・

お山の教室では焚火をしながら、まさに“食欲の秋”を堪能しております♪

 

・・・と、すっかり秋色一色のお山の教室ですが、こどももお山の家族もスタッフも!

全力疾走で遊びきった夏の“海遊び”を、ここでふりかえってみようと思います♪

 

暖かくなった6月後半からは“磯遊び”に夢中になりました!

まずはお世話になった場所のうち、ふたつをご紹介します♪

 

①磯遊びで一番お世話になったのは、東地区にある『オシキ浜』!

ザザーーン・・・と遠くは白波がたっているような日でも、

潮だまりは穏やかで海藻も多く、いつも安心して遊べるスポット♪

地理の関係で好奇心くすぐる漂流物も多いのが、オシキ浜の楽しいポイント♪

こうして漂流物と漂流物を組み合わせて・・・

お舟を作って遊ぶこともできちゃいます!

「セーーーフぅぅぅ・・・」岩から石まで大小様々♪器用に石積で遊んでいました。

オシキ浜と言えば、駐車場からあぜ道を歩きながら”今日の海模様”を想像するのが日課でしたね♪

 

②お次はおでかけ先で行った、知々井地区の海岸。

やはり磯遊びに欠かせないのは、水槽でしょう!捕っては入れてじっくり観察♪

水中メガネがなくても生き物が探せるくらいの透明度の高さに驚きました!

 

知々井地区出身の方にお会いし、一緒に遊ぶ場面もありました♪

 

次は、印象的な活動をご紹介♪

『水の感覚・砂の感覚』

去年度もお山の教室に通い、海遊びをしていたAちゃん。

しかし、まだ水やマリンシューズの中に砂が入る感覚がきもちわるい様子で、

砂浜に足を埋めながらも必死になにかを感じ、たたかう姿がみられました。

その後、水につける範囲を少しずつ少しずつ増やしていき・・・

最後は仲間と楽しく”ワニ泳ぎ”を楽しんでいました♪

 

『潤うという発見・岩場のかたちを知る』

長靴に水が入り「くつプール♪」とガッポガッポ楽しく歩いていたBくん。

小さい小さい貝を「赤ちゃん♪」と言いながら集めていたCくん。

そんなふたりがぶつかって、水も貝もばしゃーん・・・すると、

「見て!流れていくよ!」「きれいだね~」とにこにこ顔を見合わせながら、言い合っておりました♪

 

『混じる、本物と偽物』

奥は海藻を使った焼きそば屋さん、手前はこそこそ貝集め。焼きそば屋さんで、貝も焼いてもらおう!とたくらんでおります♪

海風を感じながら、さながら海の家。本物の海藻や貝に触発されて、想像がふくらみ、広がる見立て遊び。そして同じ場所にいる仲間は、言葉はなくともつながる感覚。気づくと一体感のある遊びになります。

 

海開き直前は、『ドボンッとはいりたい!』気持ちが強く、上がる直前はちょこっとサービスタイム♪

 

遊びこんだ”磯遊び”!期間にして約一か月ですが、海に行ったのはなんと12回!今年は、計4か所の浜で磯遊びをしました。

風向きなどの天候により遊び場が選べたのは、島ならではの良さではないかと思います♪

 

次回は、『夏』の遊びをふりかえる ~海遊び編~をお送りします!

 

【お山の教室 産業文化祭イベントブース中止について】

【お山の教室 産業文化祭イベントブース中止について】

本日開催予定になっておりました 産業文化祭でのお山の教室ブース 「親子で遊ぼう」は雨天のた […]